読書好きだけど、読書感想文は苦手

読んだライトノベル、推理小説、コミックのメモ、新刊情報でも書いていこう

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

[感想]ηなのに夢のよう 

ηなのに夢のようηなのに夢のよう
森 博嗣

講談社 2007-01-12
売り上げランキング : 394

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

地上12mの松の枝に首吊り死体が!
遺されていたのは「ηなのに夢のよう」と書かれたメッセージ。
不可思議な場所での「η」の首吊り自殺が相次ぐなか、西之園萌絵は、両親を失った10年前の飛行機事故の原因を知らされる。
「Φ」「θ」「τ」「ε」「λ」と続いてきた一連の事件と天才・真賀田四季との関連は証明されるのか?
Gシリーズの転換点、森ミステリ最高潮


今回はもうミステリじゃなかった気がする・・・
何も解決されてないしw
でも、やっぱり森節は炸裂してるし、S&M、Vシリーズからの登場人物もいっぱい出てきているから、森博嗣好きにはたまらないかも。

ただ、このシリーズを知らず、あらすじ読んでミステリを期待して買った人には何だこれ?って作品かも(;´Д`)

あと、今回が転換点というのは間違いないかも。
スポンサーサイト
[ 2007/02/06 08:38 ] 講談社ノベルス | TB(0) | CM(0)

ZOKU 

ZOKU
ZOKU森 博嗣

光文社 2006-10-12
売り上げランキング : 3563


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ポップというか軽い感じで、しかも一話ごと完結してて読みやすかった。
登場人物も個性的だし、馬鹿な話で面白かった。
映像化にぴったりな作品。アニメとかもいいじゃないかな。
[ 2006/10/16 20:40 ] その他 | TB(0) | CM(0)

ZOKU 文庫化 

ZOKU
ZOKU森 博嗣

光文社 2006-10-12
売り上げランキング : 5290


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


10/12発売。
買う予定。
[ 2006/10/07 02:21 ] その他 | TB(0) | CM(0)

森博嗣「四季」愛蔵版BOXセット 



『四季』4部作を限定版豪華BOXセットに天才・真賀田四季を描く『四季』シリーズ4冊の特別装丁・愛蔵版アルミニウムBOXセット。デザインコンセプトと装丁自体を映画「日本沈没」の樋口真嗣監督が手がけるファン垂涎のマストアイテム!!

冬だけ読んでないんだよなぁ・・・(;・∀・)
[ 2006/10/04 23:34 ] 講談社ノベルス | TB(0) | CM(0)

λに歯がない 

λに歯がない
λに歯がない
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9.23
森 博嗣著
講談社 (2006.9)
通常24時間以内に発送します。


相変わらず、加部谷さんのお喋りが楽しくて良い。
あと、今回のトリックは分かりやすかった。
読み返すことなく、理解できたε-(´▽`) ホッ

あと赤柳=Hさんと思ってたのに違った・・・
色々謎とか伏線があって面白いんだけど、早くすべての謎が解けてスッキリしたい(;´Д`)

ていうか、もう一度S&Mシリーズ、Vシリーズが読みたくなってきた。
[ 2006/09/23 23:33 ] 講談社ノベルス | TB(0) | CM(0)

εに誓って 

εに誓って
εに誓って
posted with 簡単リンクくん at 2006. 9.21
森 博嗣著
講談社 (2006.5)
通常24時間以内に発送します。

山吹早月と加部谷恵美が乗車していた東京発中部国際空港行きの高速バスがジャックされた。犯人グループは、都市部に爆弾を仕掛けたという声明を出していた。乗客名簿には《εに誓って》という名前の謎の団体客が。《φは壊れたね》から続く不可思議な事件の連鎖を解く鍵を西之園萌絵らは見出すことができるのか?最高潮Gシリーズ第4弾。


やられた・・・
読みながら違和感は感じてたんだけど、トリックに気づかなかった。
Gシリーズの中では、今のところがこれが一番いい感じだと思うんだけど、他のサイトのレビュー読んでたらあまり評判はよろしくない(;・∀・)

僕の中では画期的なバスジャック物だったんだけどな・・・
[ 2006/09/21 22:52 ] 講談社ノベルス | TB(0) | CM(0)

τになるまで待って 

τになるまで待って
森 博嗣著
講談社 (2005.9)
通常24時間以内に発送します。


S&M、Vシリーズまでは新刊が出ればすぐに読んでたんだけど、Gシリーズになってからは停滞気味。
そんなわけで、今頃「τになるまで待って」を読んだ。

加賀谷を中心にしたやり取りが面白い。
あと探偵役の海月君と犀川先生はあっさりトリックを解明。
森博嗣の作品ってミステリー(謎)を楽しむより、ストーリーを楽しむ感じがする・・・(意味不明)


ところで、今回の犯人は誰だよ・・・orz
[ 2006/09/20 15:27 ] 講談社ノベルス | TB(0) | CM(0)
検索窓

月別アーカイブ
プロフィール

ぴろちん

Author:ぴろちん
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。