FC2ブログ

読書好きだけど、読書感想文は苦手

読んだライトノベル、推理小説、コミックのメモ、新刊情報でも書いていこう

[感想]六花の勇者 

六花の勇者 (集英社スーパーダッシュ文庫)六花の勇者 (集英社スーパーダッシュ文庫)
山形 石雄 宮城

集英社 2011-08-25
売り上げランキング : 867

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


あらすじ

Real or Fake.
信じるか、疑うか。
救うか、滅ぶか・
闇の底から『魔神』が目覚めるとき、運命の神は六人の勇者を選び出し、世界を救う力を授ける。地上最強を自称する少年アドレットは、その六人、『六花の勇者』に選ばれ、魔神復活を阻止するため、戦いへ向かう。だが、約束の地に集った勇者は、なぜか七人いた。その直後、霧幻結界が作動し、七人全員が森に閉じ込められてしまう。七人のうち誰かひとりが敵であることに気付いた勇者たちは疑心暗鬼に陥る。そして、その嫌疑がまっさきにかかったのはアドレットで――。伝説に挑み、謎と戦う、圧倒的ファンタジー、堂々始動!    スーパーダッシュ文庫「六花の勇者}より引用


やべぇ。おもしれぇぇぇー
面白かった。6人の勇者が選ばれたはずなのに、集まったのは7人。
この中に偽者がいる!って事になって偽者探しになって
主人公が疑われる展開。で、主人公が自分が偽者でないことを証明して
真犯人を暴いていく感じ。

んで、まぁ真犯人が分かったんだから次巻に続くはずがないんだけど
次巻があるんです。続くんです。
どうして続くのか・・・
それは実際に読んで確認してほしい。

以下ネタバレ含む(反転)
7人目が姫だったわけだけど、また別の六花の勇者が登場。
まだ、偽者がいるのかよって事だけど、
偽者ってゴルドフじゃね?
ただ、姫とゴルドフはグルではない。
だから、姫が偽者と分かった時グルドフはびっくりした。
グルドフは姫と一緒にいたかったから
六花の勇者を騙ってた。まさかこんな展開になるとは思ってなかった。

うーん、こんな単純な話なわけないかwww


スポンサーサイト



[ 2011/09/05 21:09 ] ライトノベル | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
検索窓

月別アーカイブ
プロフィール

ぴろちん

Author:ぴろちん
FC2ブログへようこそ!

FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム